石川県経営者協会 Ishikawa Employers Association 企業の発展とともに地域の反映を目指す

経営教育

経営教育

生産管理・現場改善

レンタルのお申込みはこちら

成果がでる 「5S」の考え方・進め方 テーマをもって実践しよう(DVD)

PHP研究所(60分) / 2009年
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『 』

●5Sとは~『モノづくり』の基本指導
●品質をよくする5S
●トラブルをなくす設備5S

P-27

人が育つトヨタ式改善の進め方(DVD)

PHP研究所 / 2007年
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『大改革に成功 なぜチャレンジ企業は成果が出たのか(25分)』

●今なぜトヨタ式なのか
●トヨタ式の2本柱 ~「ジャストインタイム」と「自働化」
●モノづくりは人づくり

P-24
第二巻 『着手のポイント「5S」と「かんばん」(25分』

●改革はトップが率先して・5Sからはじめよう
●「かんばん」と「平準化」

P-25
第三巻 『改善のポイント 「標準化」と「改善のサイクル」(25分)』

●モデルラインを作る
●「自働化」構築のステップ
●改善にゴールなし

P-26

誰でもできる改善の基本テクニック(全6巻)

PHP研究所
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『こうすれば改善テーマが見えてくる(30分)』

改善の第一歩である「ロス」「課題」の見つけ方を紹介します。
要因法や分析法など改善の糸口を発見するためのテクニックを解説しながら「ロス」「課題」が浮き彫りにされ、明確になってくることの面白さを紹介します。

●改善課題を見つける法
●対策立案手法
●改善の着眼点事例集

P-18
第二巻 『見直しをしよう人手作業の改善(30分)』

人手のかかる仕事・作業はまだまだたくさんあるはずです。
第2巻ではそのような人手を必要とする作業のロスを明らかにし、改善するためのポイントを紹介していきます。

●工数ロスのチェック
●ロス分析法
●改善の着眼点事例集

P-19
第三巻 『効率を上げよう機械加工の改善(30分)』

機械加工に関するロスを現場レベルで改善するためのポイントを紹介していきます。

●停止ロス
●付帯作業ロス
●機械ロス
●パフォーマンスロスの改善

P-20
第四巻 『短縮化を図ろう生産期間の改善(30分)』

機械加工に関するロスを現場レベルで改善するためのポイントを紹介していきます。

●停止ロス
●付帯作業ロス
●機械ロス
●パフォーマンスロス の改善

P-21
第五巻 『ロスをつかもう標準時間による管理(30分)』

同じ方法で作っても作業効率が大幅に違うといった現実に対して、標準時間による「効率ロス」の明確なつかみ方を学びます。

●作業効率を測るモノサシ
●標準時間とは
●標準時間の設定方法(手順)
●作業効率の測定法
●作業効率を決める要因

P-22
第六巻 『ロスをなくそう作業効率の改善(30分)』

生産効率を阻害する要因をあげながら、「効率ロス」撲滅の改善基本テクニックを紹介します。

●現状での作業効率アップの余地
●作業ペースの管理法
●作業ミスをなくすポカよけ
●不良・手直しをなくす

P-23

コストダウン徹底のステップ(全2巻)

PHP研究所
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『コストダウン着眼のポイント(30分)』

製造原価に的を絞り、標準原価をどのように維持していくかといった現場で進めるコストダウンの考え方や着眼のポイントを具体的事例を通して紹介。

●コストとは何か
●コストダウン着眼のポイント

P-16
第二巻 『コストダウン実践のポイント(30分)』

実際の改善事例をもとにVEによるコストダウンの進め方をステップ別に解説。

●VEとは何か
●VEの進め方

P--17

「目で見る管理」の進め方(全6巻)

PHP研究所
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『「目で見る管理」の基本(15分)』

 「目で見る管理」は、問題を顕在化する道具として大きな効果を発揮します。そのねらいや進め方のポイントを紹介します。

●条件管理
●物質表示・流れ方向表示
●段取り工具の置き方 他



P-10
第二巻 『目で見る「現品管理」(15分)』

道具や予備品、材料、製品等、現品の管理がまずいと、様々な問題やロスが発生します。それを防ぐことのできるムダのない現品管理の進め方を紹介します。

●保全工具管理
●油剤管理
●予備品管理
●金型の行先表示 他

P-11
第三巻 『目で見る「作業管理」(15分)』

目で見る「作業管理」は、決められた通りに正しく行われているか、異常が出ていないか、もし出たらどうアクションをおこすか、といったことを簡単に、わかりやすく表示することです。

●生産台数管理
●保全カレンダー
●溶湯量表示 他

P-12
第四巻 『目で見る「設備管理」(15分)』

目で見る「設備管理」を通して、オペレーターが設備の有効利用や効率化を図るポイントを紹介します。

●モーターの稼働明示
●メーター管理ゾーン
●バルブ開閉表示
●モーターとサーモラベル 他

P-13
第五巻 『目で見る「品質管理」(15分)』

不良ゼロ、クレームゼロに限りなく近づけるための目で見る「品質管理」の進め方について解説しま 。

●Qコンポラベル
●類似部品別管理
●刃具管理
●不良品置台(朝市台)他

P-14
第六巻 『目で見る「安全管理」(15分)』

目で見る「安全管理」のねらいは、人間の弱点とも言える部分を、視覚を刺激することによって補うことにあります。

●緊急連絡先表示
●グラインダーの回転表示
●搬送車移動 他

P-15
1 / 212

レンタルのお申込みはこちら