石川県経営者協会 Ishikawa Employers Association 企業の発展とともに地域の反映を目指す

経営教育

経営教育

QC・小集団活動

レンタルのお申込みはこちら

ISO14001改訂のポイント

日本経済新聞社(30分) / 2004年
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『8年ぶりに改訂されるISO14001。改訂の主なポイントとEMSを見直す際の注意点をわかりやすく解説します。』

●ISO14001改訂のねらい
●ISO14001の全体像と改訂のポイント
●EMS構築・見直しの注意点
●ISO14001改訂と組織対応

Q-18

ISO9000s2000年改訂のポイント

日本経済新聞社(30分) / 2001年
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『 』

●2000年改訂の経緯
●2000年版の全体像
●1994年版との相違点
●QMS(品質マネジメントシステム)構築上の注意点
●2000年版活用のポイント

Q-17

QC7つ道具の見方・使い方(全3巻)

PHP研究所
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『原因の本質を読みとる~パレート図と特性要因図~(25分)』

QC活動の第一歩は、関係者全員で問題点を採り出し、原因を明らかにすることから始まります。
全員で原因を洗い出すための特性要因図と、どの原因から潰していけばよいのかを明らかにするためのパレート図についてそれぞれの使い方・活かし方を扱っています。

Q-4
第二巻 『ばらつきを探る~チェックシートとヒストグラム~(25分)』

正確で客観的なデータに基づいて改善・管理をするということがQC手法の大切な要素です。
そのために正確で客観的なデータをとるために、チェックシートが活用されます。
一方、データを集めるとそこには必ずばらつきがみられます。
このばらつきをどう見るか-ここで威力を発揮するのがヒストグラムです。
以上2つの手法に焦点をあて、改善・管理に結びついた正しいデータの扱い方・見方を考えます。

Q-5
第三巻 『再発を防止する~相関図と管理図~(25分)』

管理をうまくやっていくための手法である管理図と、原因と結果の間の相関をみながら管理を考える相関図について、それぞれの見方・使い方を解説します。

Q-6

わかりやすいQC教室(全3巻)

PHP研究所
巻数 タイトル・内容 分類コード
第一巻 『QCの原理(20分)』

QCの基本的な原理、考え方をスポーツのゴルフを例にとってやさしく解説し、良質で安い製品づくりに必須の条件ともいえる機械化、自動化と、QCのかかわりあいについても詳しく言及するQCの基礎編です。

Q-1
第二巻 『問題解決の手順(20分)』

1人の女子社員が仕事の出来映えにバラツキがあることを発見。そのことを発端に、その不良の犯人は何なのかをいわゆる“QC7つの道具”を使い手順を追って具体的に考えていきます。
しかも、それらの手法が製造にかぎらず、あらゆる分野の誰にでも活用できることをポイントに解説するQCの手法編です。

Q-2
1 / 11

レンタルのお申込みはこちら